“オアシス、国際女性デーに向けてBDTIと協力 「女性の役員育成プログラム」支援を発表”(プレスリリース)

(プレスリリース本文)

 投資運用会社オアシス、公益社団法人会社役員育成機構主催の「役員研修」に協賛
3月中に応募の優秀な女性役員候補を対象とする

2022年3月8日、東京 – 国際女性デーにちなんで、オアシス・マネジメント・カンパニー・リミテッド(以下「オアシス」)と公益社団法人会社役員育成機構(以下「BDTI」)は、女性のために役員研修コースをサポートする新しい取り組みを1ヶ月間実施することを発表しました。

2022年3月の1ヶ月間、BDTIが開催する以下の役員研修コースのいずれかを申し込んだ優れた資質を持つ女性に対し、オアシスが費用を全額負担します。BDTIの日本語および英語の研修プログラムは、第一線で活躍する一流講師や専門家から直接学ぶ、日本の取締役または執行役員の候補者を育成するためのものです。

この支援の目的は、高い資質を持つ女性リーダーが取締役として活躍するために、研修によって必要なスキルを身につけ、女性取締役候補のパイプラインを拡大することで、日本の取締役のジェンダーギャップに積極的に対処することです。

オアシスの創業者で最高投資責任者のセス・フィッシャーは、「有能な女性取締役を加えることによって日本の取締役会のジェンダーギャップを改善することは、我々が重視していることであり、日本企業のガバナンスと競争力を高めると信じています。」とし、「私たちは、BDTIの優れた役員研修プログラムを通じて、多くの女性がこの機会を活用されることを期待します。」

BDTIの代表理事ニコラス・ベネシュは「役員研修を受けた優れた女性取締役は、日本の取締役会と企業に大きな利益をもたらします。私たちは、オアシスのリーダーシップを賞賛します。」

詳細については、BDTI(info@bdti.or.jp または 81-3-6432-2337)までお問い合わせください。

【対象の研修一覧】

「ガバナンス塾」
取締役・執行役員が身につけるべき基本的な知識を1日で集中的に学習するプログラムです。コーポレート・ガバナンスの理論と実践、会社法、金商法、財務諸表の読み方、ケーススタディなど、第一線で活躍する講師陣によって講義が行われます。

「社外取塾」
日本で社外取締役として豊富な経験を積んだ女性、男性、外国人の方々の奇譚のないアドバイスと経験則を集めた予習教材を事前にお渡しします。当日はそのアドバイスを念頭にガバナンスと委員会の実務、取締役会の戦略についての関わり方、ダイバーシティ、ESG、モニタリングの手法、取締役としての貢献方法、D&O保険、面接・契約プロセスなど、多数の実践的なトピックを取り上げます。 社外取締役として経験豊富な2名の講師による、実体験を交えたインタラクティブなプログラムです。(事前条件:Boot Camp、ガバナンス塾、または同等の知識をお持ちの方)

e-learning
 BDTIでは「会社法」「金商法」「コーポレート・ガバナンス基礎編」「コーポレート・ガバナンスの実践編」のeラーニングコースを低価格で提供しています。この4つのコースは、「ガバナンス塾」受講者にも提供されており、受講者は塾の前後に基礎的な知識を得ることができます。

“English Director Boot Camp”
 この1日集中プログラムでは、上場・非上場問わず、日本企業の取締役を責任持って務めるために必要な、法律とコーポレート・ガバナンスに関する主要な知識を学びます。双方向のディスカッションや質疑応答の時間を設け、取締役会で実際に起こる状況やその対処法について論議します。受講者には日本語のe-ラーニングコースを提供しています。

***

オアシスの紹介

オアシス・マネジメント・カンパニー・リミテッドは、さまざまな国やセクターにわたる幅広いアセットクラスの投資機会にフォーカスしている投資ファンドです。オアシスは、現在最高投資責任者 (CIO) を務めるセス・H・フィッシャーによって2002年に設立されました。オアシスに関する詳しい情報は、https://oasiscm.com をご覧ください。オアシスは日本の金融庁の「責任ある機関投資家の諸原則(日本版スチュワードシップ・コード)」を遵守し、この原則に沿って投資先企業のモニタリング及び、エンゲージメントを行っています。また、オアシスは30% Clubの日本支部および香港支部のインベスターグループのメンバーであり、投資家イニシアチブであるボード・ダイバーシティ香港の創設メンバーでもあります。

公益社団法人会社役員育成機構の紹介

公益社団法人会社役員育成機構(BDTIは、取締役会メンバー・経営陣向けにグローバル経営手法とコーポレート・ガバナンスのノウハウを融合した役員研修プログラムを開催する日本の「公益」非営利組織です。日本政府の認定を受け、これらの活動を行う非営利団体で、企業の情報開示に関するデータ・データベースサービスも行っています。BDTIの代表理事であるニコラス・ベネシュは、2013年に日本政府に対して、ジェンダー・ダイバーシティに具体的に言及した原則を含むコーポレートガバナンス・コードの概念を提案した人物であります。  BDTIの研修プログラムの概要はこちらから、データサービスのメニューはこちらからダウンロードできます。

メディアのコンタクト先

Taylor Hall media@oasiscm.com

プレスリリースはこちらから。

**プレスリリース終わり**

 

応募される方へのご案内

この度は投資会社オアシス、公益社団法人会社役員育成機構主催の「女性役員研修スカラシップ」にご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。申請に際して、今後のステップをご案内いたします。

【対象コース】

現在、以下の講座が予定されております。(定員あり)。 今後のお申し込み状況や一般の方からの要望、講師の都合により、追加で開催する可能性があります。

詳細は、BDTIウェブをご参照ください。

一日プログラム

【注意点】

1.コロナの状況により、対面式からZoom会議形式へ、またはオンラインから対面式へ変更する場合があります。各コース定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。

2.本件に関する応募書類の提出期限は2022年3月31日ですが、各コースとも定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。奨学金の応募は先着順で審査されますので、お早めに概要の履歴書をお送りください。

3. 「社外取塾」は、「ガバナンス塾」を受講していること、または同等の知識を有していることが前提条件となります。

4.本奨学金は、お一人様1コースのみとさせていただきます。 (BDTIのeラーニングは4つの「モジュール」から構成されており、これを1つの「コース」とみなします。)

【応募方法】

1.応募希望者は、(a)希望コースと参加希望日、(b)奨学金制度を知ったきっかけ(例:BDTIからのメール、Facebook、 Twitter、 広告、Googleサイト、具体的なセミナー名など)をご明記の上、(c)最新の履歴書(Summary CV、日本語、英語いずれでも可)をEメール添付し、下記まで送付してください。略歴書を基に投資会社オアシスがスカラシップ承認の適正判断をし、受講可否を決定いたします。(この時点では、BDTIのWebサイトへの受講登録は行わないでください)。

2. 投資運用会社オアシスからの承認可否を、BDTIからEメールでご連絡いたします。その後下記BDTIのウェブサイトから承認された講座のお申し込みをいただきます。

※登録画面の質問欄に必ず「Oasis Scholarship」とご入力ください。登録後、BDTIから支払いに関する自動返信メールが届きますが受講料はオアシスの負担となりますので、現時点では無視していただいて結構です。申込後万が一出席できない場合は、少なくとも3週間前までにBDTIに連絡するようお願いいたします。

3. 履歴書は審査終了後、当方が責任をもって速やかに破棄させていただきます。受講承認を得られなかった方で、BDTIニュースレター配信をご希望の方はお知らせください。

このプログラムについてのお問い合わせはBDTI事務局までお願いいたします。

https://bdti.or.jp/about/contact-us/ または info@bdti.or.jp

The Board Director Training Institute of Japan
公益社団法人会社役員育成機構
〒158-0091東京都世田谷区中町2-30-22 CITTA CASA BIANCA #303
Tel: 81-3-6432-2337   Fax: 81-3-6432-2338

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください