女性管理職の数値目標が達成されない日本の現状


日本の生産年齢人口は今後減少の一途を辿り、近い将来、企業は人材不足に直面し、人材の奪い合いが起こることが予想できます。そのため日本の企業では、女性にいかに活躍してもらえるかが人材確保における1つのポイントになります。

しかしながら世界経済フォーラムの2021年「The Global Gender Gap Report 2021」によると、各国における男女格差を測るジェンダーギャップ指数では日本は156か国中120位でした。活躍しづらい社会で、働きたいという意思を持つことは難しく、働くことを諦めてしまう女性が多くなってしまっているのが現状です。女性が活躍できる環境を創っていくことが、企業における今後の人材確保のために必要になります。

女性活躍推法は女性管理職の数値目標の設定とその達成に向けた行動を求めています。最近は女性役員や女性リーダー育成プログラムも多く目にします。大手派遣会社は70万もする合宿を開催しています。研修の多くは「自己理解」、「コミュニケーション力」や「プレゼンス力」がメインです。もちろん自己認識やコミュニケーション力は大事です。でもそれは会社が行うべきではないですか?歴史的には日本企業は男性社員に対してはこのようなスキルを新入社員の時点から内製プログラムおよびOJT (現場でのトレーニング)によって上手に育てられてきました。

逆に日本企業が下手だったのが、具体的な内容の経営・管理手法についての知識をオフサイト研修によって育成することでした。これは男女を問わず言えることですが、特に育成されなかったのは女性でした。女性の場合には多くの会社自身が長期的なキャリアを視野に育成をしてこなかったため、管理職・幹部・役員候補となる女性が不足しています。

会社(上司)が早い段階から女性のキャリア形成に責任を持ち、強みと弱みを理解した上で具体的な知識も含めて明確な育成計画をもって業務の中で成長の機会や経験を与えていくべきです。自己認識・表現、対応力は社内で育成できますが、 具体的なプラスα、経営の最先端・会社法・金商法や財務会計などに関する知識、さらに(将来に)執行役員および取締役に求められる役割や心構えは外部の専門機関に依頼し、学べばいいのです。

「コーポレートガバナンス・コード」の原則4-14「取締役・監査役のトレーニング」では、経営陣の経営力強化と併せて、役員は必要な知識の習得や適切な更新等の研鑽に努めることが規定されております。当然、株主に対して選任するようお願いしていますので、役員として就任する前に行わなければなりません。つまりコーポレートガバナンスの向上を本気に目指す企業は「新任役員」になったばかりの時点ではなく、「新任執行役員」になった時点で「役員研修」を専門家から提供してもらうべきです。

しかし過半数の社外取締役では、会社側からコーポレートガバナンスに関するトレーニングを実際に提供されていませんか、例えば(就任後でも)3時間未満の講義などで済ませています。専門家に依頼して具体的な研修を1日をかけて行っている会社はまだ少数です。

企業にPR目的ではなく、本気でダイバーシティ経営に取組んでほしいと切に願い、BDTIは昨年度からSWU&BDTIの「ダイバーシティ時代の上級管理職研修」を開催しています。SWU&BDTIの「ダイバーシティ時代の上級管理職研修」はコーポレートガバナンスの提唱者である私が講師となり、自身の経験から腹落ちする言葉でコーポレートガバナンスが取締役に求める役割を語ります。将来上級管理職を目指す方に必要な基本的知識を身につけて頂くための2日間研修であり、ダイバーシティ&インクルージョンは教育改革の促進、社会起業家の育成、教育格差是正など幅広い分野で活動する昭和女子大学キャリアカレッジ学院長の熊平 美香氏が講師として登壇します。

BDTIの研修は少人数です。実際の取締役会と同じような人数にすることによって、言うべき時に言う力をつけ、コミュニケーション力も十二分につきます。グループディスカッションで自分と異なる考え方にも触れられます。また、公益法人だから実現した低価格です。さらにBDTIのeラーニングコース「会社法」「金商法」「コーポレート・ガバナンス (基礎・実践編の2コース)」の6ヶ月使用権が付与されます。予習・復習にご活用いただけます。

女性役員候補者の学びを促し、マインドを刺激する内容となっていますのでぜひご参加ください。10.6(水)&21(木)SWU&BDTI 「ダイバーシティ時代の上級管理職研修」

女性管理職の皆様、女性管理職を登用しようとする男性管理職の皆様の、ご派遣をお待ちしています。人事部長にもこの記事をシェアしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください